始めよう!老化予防!!〜食事編〜

有馬 正人 2019-02-01 (金)

こんにちは。
新潟県三条市の美容室ヘアスタジオエリアの有馬です。

ボクが唯一、欠かさず見ているドラマがNHKの朝ドラです。
今だと「まんぷく」ですね。

ようやく、萬平さんはラーメンを作り始めましたね。
ここまで長かった。。

そんな情報をお伝えしたいんではありませんよ。


たまたま、そのあとの「あさイチ」での特集が

“40歳からの老化予防SP”

なんてものをしていたので、いい情報がないかと見ていました。


結構、いい情報があったのでここにメモしておきますね。


同じ年齢なのに、若く見える人と、老けて見える人がいます。そして体も、いつまでも健康な人と、そうでない人がいるものです。
女性にとって40代は、顔のシワやたるみなど、急に老化のサインを感じる時期。そして外見の老化は、体内の老化や健康寿命と
大きく関係することがわかってきました。
どうすれば見た目の若さを保ちつつ、体の老化を防げるのか、その方法を徹底取材!
誰でも簡単にできて、すぐに役立つ最新の老化予防法をご紹介しました。

( あさイチHPから引用 http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/190130/1.html )


見た目や、体内老化の原因には

”AGE”

と呼ばれる、老化物質の存在の仕業のようです。

体をつくってるたんぱく質と食べ物からとり入れた糖が、体内で結びついてできる老化物質「AGE」。
肌のシワやシミ、たるみなどの見た目の老化だけでなく、心筋梗塞やがん、アルツハイマー型認知症などの病気を
悪化させることがわかってきました。AGEは加熱するほど増えていきます。
そのため、ゆでる→焼く→揚げるの順で多くなります。
そこで!料理家のタカコナカムラさんにAGEを少なくするための画期的な料理法を教えてもらいました。
さらに、メニュー別AGEの量や、AGEを体内で増やさない食材として、きのこ類、ブロッコリースプラウトなどについてお伝えしました。

( あさイチHPから引用 http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/190130/1.html )

1_2.jpg


“AEG”の取りすぎは良くないのですが、、
あまり、気にしすぎてストレスに感じることもよくないそうなので、
ほんの少し、食事を気をつけるのがいいのだと思います。

食べ過ぎ、飲みすぎた次の日には、ちょっと控える。

とか、1週間単位で気にかけて見るのがオススメだそうです。

 

これからは、人生100年時代らしいので
健康に、そして、見た目も若々しく歳を重ねていきましょう。


明日は「運動編」をお伝えしようかと思います。

 

毎日、呟いているTwitterアカウントがこちらです。

ありま【area】

IMG_6539.jpg

フォローをよろしくお願いします。 

 

アナタの髪の悩みを教えてください。

頂いた質問には、ブログにてお答えして行きます。

匿名の質問箱はこちら

IMG_6526.jpg