ヘアドネーションについて調べてみた。。

有馬 正人 2017-10-14 (土)

こんにちは!

新潟県三条市の美容室
ヘアスタジオエリア三条店の有馬です。。

 

今日は
最近、やたらと耳にする

「ヘアドネーション」


について調べてみました。

 

ボクが担当させて頂いている方の中にも
何名かやりたいとおっしゃっていたので。。

この機会に!

 


ヘアドネーションとは

頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
寄付された髪の毛は、当団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。

 

非特定営利活動法人 ヘアドネーション&チャリティー HPより引用


 

要するに

自分の髪の毛を寄付して医療用のウィッグの制作に役立てて下さい。

といったチャリーティー活動です。

 

【ヘアドネーションをするには】


IMG_2632.png 

 

このような条件を満たせば誰でも出来ます。


ここからはヘアドネーションの流れを説明します。

【寄付する髪の長さは?】

・ウィッグを作るためには31㎝以上必要になります。

・公式HPによると50㎝以上の髪の毛が不足しているようです。。


※ただし、31㎝未満でもウィッグにはならないようですが
 なんらかのカタチで寄付にはなるそうです。

 

【どこで出来るのか??】

・いつも通っている美容室で出来ます。
 もちろん!ヘアスタジオエリア三条店でも行います!!

(JHD&C 公式HPには賛同サロンさまも記載されているそうです。)

 
【ヘアドナーシートの記入】

・「ヘアドナーシート」の記入により寄付した髪の毛を迅速に役立てる
 ことが出来るそうです。

※シートは無くても寄付可能です。

ちなみに
こんな感じの用紙です。

IMG_2633.png

 

【返信用封筒の用意】

・受領書を希望される場合は、所定の「返信用封筒」を用意し
 髪の毛と一緒に送って下さい。

※返信封筒が表示のサイズより大きい場合は切手の不足にご注意下さい。

IMG_2634.png

 

あとは、カットし郵送になります。

 

IMG_2635.png

 


こんな感じで
ヘアドネーションの方法をまとめてみました。

 

ヘアスタジオエリア三条店でもお客様の希望があれば
喜んでお手伝いをさせて頂きます。


ですが
私達もお手伝いできる範囲があります。

寄付用の髪の毛のカット・ドナーシートの用意・毛髪送付先の案内
送り方や包み方の説明はさせて頂きます。

髪の毛の郵送に必要なビニール袋(ジップ付)や封筒・切手代など
はお客様ご自身で準備をお願いします!!

 

IMG_2636.jpg

 

ボクも調べていたら。。
なんだか興味が沸いてきたので
髪を31㎝以上伸ばし、寄付したいと思います。笑笑
(誰か途中で「髪切れ!!」と突っ込んで下さい。)

 

ヘアドネーションについて
さらに詳しくは公式HPをご覧下さい。 

 

ご予約は
0256-35-3653

または
LINE@から